Amazonで佐渡の農産物を販売中!佐渡のおいしさをお届けします。
☆送料無料・消費税無料☆

2016年9月6日火曜日

新タマネギの梅おかか和え&あらめ煮の油揚げ詰め&白玉せんべい


新タマネギの梅おかか和え&あらめ煮の油揚げ詰め&白玉せんべい

( 広報誌 「 JA佐渡 」 2016年9月号 掲載 )

・新タマネギの梅おかか和え

材料:

  • 新タマネギ : 3個
  • 梅干し : 1~2個(種を取って細かくたたく)
  • みりん :  小さじ1
  • 削り節 : 2パック(8g)

作り方

  1. タマネギをくし形に切ってほぐす。
  2. 耐熱ボウルに1を半分いれてラップをふんわりとかけ(密閉しない)、電子レンジ(600W)で4分ほど加熱してざるに取る。残り半分も同様にしてあら熱を取る。
  3. ボウルに2と梅干し、みりん、削り節を入れて混ぜれば出来上がり。


・あらめ煮の油揚げ詰め(4人分)

材料:

  • あらめ : 160g(水にもどしたもの)
  • にんじん : 1/3本
  • 油揚げ : 4枚
【煮汁】
  • しょうゆ : 小さじ2と1/2
  • みりん : 小さじ2と1/2
  • 日本酒 : 大さじ1
  • だし汁 : 160cc

作り方

  1. あらめはあく抜きして水を切り、大まかにきざむ。にんじんは細切りに切る。
  2. 油揚げは平たく押しつぶしてから半分に切り、お湯をかけて油抜きする。
  3. 小鍋に2と煮汁の材料を入れ、10分ほど煮たら油揚げを取り出して冷ます。
  4. 小鍋に1を入れて水分が少なくなるまで煮る。
  5. 油揚げの中に4を詰めれば出来上がり。


・白玉せんべい(4人分)

材料:

  • 白玉粉 : 120g
  • 牛乳 : 1/2カップ
  • 塩 : 小さじ1/3
  • バター : 小さじ2
  • ピーナッツ : 適量(粗く刻む)
  • 桜えび : 適量
  • 黒ごま : 適量

作り方

  1. ボールに白玉粉と塩を入れ、牛乳の3/4量を加えて軽く混ぜしばらく置く。
  2. 粉が牛乳を吸ったら、こねながら残りの牛乳を少しずつ加えていき、耳たぶぐらいの柔らかさにする。生地を12等分にし、直径5cm位の円形にのばしておく。
  3. フライパンにバターを少量入れて溶かし、2をのせる。ピーナッツ、桜えび、黒ごまを生地の上にのせて上から軽く押し付ける。
  4. フライパンを中火にかけ、表面が少しふくらんで中まで火が通るように両面を焼く。残りの生地も同じように焼けば出来上がり。


【ワンポイント】

  • 新タマネギの梅おかか和え:冷蔵庫で5~6日は保存できます。
  • あらめ煮の油揚げ詰め:あらめの代わりにひじきでもOK。
  • 白玉せんべい:バターは、焼く回数分に分けてそのたびに溶かすようにする。

2016年8月12日金曜日

打ち豆の炊き込みご飯&ズッキーニの煮びたし&ゴーヤの酢漬け


打ち豆の炊き込みご飯&ズッキーニの煮びたし&ゴーヤの酢漬け

( 広報誌 「 JA佐渡 」 2016年8月号 掲載 )

・打ち豆の炊き込みご飯(3~4人分)

材料:

  • 米 : 3合
  • めんつゆ(ストレート) : 25cc
  • 日本酒 : 25cc
  • バター : 小さじ1
  • にんじん : 50g
  • 打ち豆 : 100g(水で戻さずそのまま)

作り方

  1. 米は洗って水を切っておく。
  2. にんじんは薄めのいちょう切りにする。
  3. 炊飯器に1の米、めんつゆ、日本酒を入れ、水加減を3合に合わせる。
  4. 2.のにんじん、打ち豆、バターを乗せて炊く。
  5. 炊き上がりをよくかき混ぜて出来上がり。


・ズッキーニの煮びたし

材料:

  • ズッキーニ : 1本
  • めんつゆ(ストレート) : 200~300cc

作り方

  1. ズッキーニを3cmほどで輪切りにする。
  2. 小鍋に1を入れ、全体が浸かる程度にめんつゆを入れて火にかける。
  3. 沸騰したら弱火で10分ほど煮込み、火を止めて冷ます。
  4. 皿に盛り付け、お好みでごま油、七味をかければ出来上がり。


・ゴーヤの酢漬け

材料:

  • ゴーヤ : 1本
  • らっきょう酢 : 適量

作り方

  1. ゴーヤを縦半分に切り、スプーンで種と白わたを取る。
  2. ゴーヤを5~7ミリくらいの薄切りにする。
  3. 2.をビニール袋に入れ、らっきょう酢をゴーヤが浸かる程度に入れる。
  4. 冷蔵庫で1週間ほど漬ければ出来上がり。


【ワンポイント】

  • 濃縮めんつゆの場合は、うどんのかけ汁程度に薄めてお使い下さい。
  • ズッキーニの煮びたし:煮くずれしやすいので、煮る時、盛り付ける時にご注意下さい。
  • ゴーヤの酢漬け:らっきょう酢ごと小分けにして冷凍すれば、一年中楽しめます。

2016年7月6日水曜日

米粉なますデザート風&米粉入りバームクーヘン


米粉なますデザート風&米粉入りバームクーヘン

( 広報誌 「 JA佐渡 」 2016年7月号 掲載 )
※写真上の「たいやき」は今回のレシピに含まれていません。

・米粉なますデザート風(4人分)

材料:

  • 米粉 : 20g(さどっ粉ミックス粉)
  • 水 : 200cc
  • 好みの果物 : 適量(いちご、りんご、バナナなど)
【合わせ酢】
  • 酢 : 大さじ2
  • 砂糖 : 大さじ2
  • しょうゆ : 大さじ1

作り方

  1. 鍋に水を入れて弱火にかけ、米粉を少しずつ加えてだまにならないように煮溶かす。
  2. 合わせ酢の材料を混ぜ合わせる。
    1の粗熱が取れたら合わせ酢を少しずつ加え混ぜる。
    混ぜ終えたら冷蔵庫で冷やす。
  3. 果物を適当な大きさに切り、2で和えて器に盛れば出来上がり。


・米粉入りバームクーヘン(3~4人分)

材料:

  • 米粉 : 160g(さどっ粉ミックス粉)
  • サラダ油 : 適量
【(A)】
  • 卵 : 2個
  • ハチミツ : 20g
  • 砂糖 : 30g
【(B)】
  • プレーンヨーグルト(無糖) : 40g
  • バター : 70g(溶かしておく)
  • レモンの皮すりおろし : 1個分
【(C)】
  • 粉砂糖 : 大さじ3と1/2
  • レモン汁 : 小さじ1と1/2

作り方

  1. ボウルに(A)を入れてよく混ぜ合わせ、(B)を加えて更に混ぜる。
    米粉を加え、なめらかになるまでよく混ぜ生地を作る。
  2. 玉子焼き用フライパンを熱してサラダ油をなじませる。
    生地をおたま1杯分流し入れ、おたまの背で生地を平らに伸ばしながら両面をこんがりと焼く。
    焼き上がった生地をいったん取り出す。
  3. サラダ油を再度なじませ、生地をおたま1杯分流し入れる。
    生地を平らに伸ばしたら表面が乾ききる前に2の焼き上がった生地を上に乗せ、表面を押さえてしっかりと重ねる。
    生地が焼き上がったらいったん取り出す。
  4. 残りの生地を3と同じ手順で重ねては焼きを繰り返し、生地の層を作る。
  5. (C)を混ぜ合わせ、焼き上がった生地の表面に塗って乾くまで置く。
  6. 好みの形に切り分ければ出来上がり。


【女性部金井支部PR】

金井支部では月3回、直売所「新鮮空間よらんか舎」でたいやき販売を行っています。
米粉入りであんことクリームの2種類を作っていますので、ぜひお立ち寄りください。
“まってま~す”

2016年6月10日金曜日

チーズ料理特集:カマンベールもち&チーズラタトゥイユ&モッツアレラ温豆腐

チーズ料理特集:
カマンベールもち&チーズラタトゥイユ&モッツアレラ温豆腐

( JA佐渡コミュニティ誌 Vol.01:2016年6月号 掲載 )


レシピ提供:食彩創房 亶

・子供もパパも大好き♪カマンベールもち

材料:

  • 丸もち : 3個
  • カマンベールチーズ : 1/2ホール
  • 牛乳 : 大さじ2
  • こしょう : 大さじ1

作り方

  1. もちとカマンベールチーズをそれぞれ1cm角にきざむ。
  2. 1に牛乳全部とこしょう半分を加えて混ぜる。
  3. 深皿に2を入れてレンジ500Wに2分間かけ、よく混ぜる。
  4. 冷蔵庫で30分~1時間ほど冷やす。(冷まし過ぎると固くなるので注意)
  5. 4を一口大に取り分け、丸くまとめて盛り付ける。
  6. 残りのこしょうと、お好みでパセリや粉チーズをかけて出来上がり。


・冷蔵庫の残り野菜がすっきり!チーズラタトゥイユ

材料:

  • 冷蔵庫にある野菜なんでも
    (例:ナス・セロリ・玉ねぎ・パプリカ:各40g、じゃがいも100g)
  • 鶏肉 : 40g
  • ゴーダチーズ : 80g
  • 塩、こしょう : 少々
  • オリーブオイル : 少々
  • トマトジュース : 50cc

作り方

  1. 野菜・鶏肉・ゴーダチーズをすべて1cm角にきざむ。
  2. 1に塩・こしょう・オリーブオイル・トマトジュースを加えてまぜる。
  3. 耐熱皿に2を盛り付け、お好みで粉チーズをかける。
  4. 180℃のオーブンで15~20分ほど焼き、お好みでパセリをかけて出来上がり。
    (オーブントースターでも可)


・ふんわり優しい味のモッツアレラ温豆腐

材料:

  • モッツアレラチーズ : 100g
  • 絹ごし豆腐 : 半丁
  • しょうゆ : 50cc
  • おろしにんにく : 小さじ1
  • 塩 : 少々
  • こしょう : 少々
  • オリーブオイル : 少々

作り方

  1. ビニール袋にモッツアレラチーズ、しょうゆ、おろしにんにくを入れて密閉し、冷蔵庫で1日漬ける。(ビニール袋から空気をしっかり抜くと、チーズに味がしみやすくなる)
  2. 1のモッツアレラチーズを取り出し、5mm幅にスライスする。
  3. 豆腐を板状に1cm幅に切って皿に並べ、塩・こしょうを軽くかける。
  4. 豆腐の上に2をのせてオリーブオイルを上からかける。
  5. レンジ500W に2分間かけ、お好みでパセリをかけて出来上がり。

夏かんずし&バラの花ずし&米粉入りしいたけクッキー


夏かんずし&バラの花ずし&米粉入りしいたけクッキー

( 広報誌 「 JA佐渡 」 2016年6月号 掲載 )

・夏かんずし(2~3人分)

材料:

  • うるち米 : 1合
  • もち米 : 1合
  • 砂糖 : 70g
  • 酢 :  60cc
  • しいたけ佃煮 : 40g
  • タケノコ(水煮) : 30g
  • タクアン : 30g
  • 鮭そぼろ : 30g
  • 夏みかん : 1個

作り方

  1. 米は洗ってから一晩水に浸け、同量の水で炊いて10分蒸らす。
  2. すし桶に1を移し、ご飯を切るようにしながら合わせ酢(酢、砂糖)を混ぜ合わせる。
  3. タケノコ、タクアンはみじん切りにし、好みの味付けで炒める。
  4. しいたけ佃煮をみじん切りにする。
  5. 夏みかんは4等分にして皮を剥き、中身を取り出して適度な大きさに切る。
  6. 2に鮭そぼろ、3、4、5の中身を混ぜ合わせる。
  7. 5の皮を器にして盛り付けて出来上がり。


・バラの花ずし(2~3人分)

材料:

  • 酢めし : 310g
  • 桜でんぶ : 適量
  • のり(全形) : 1枚
  • 薄焼き卵 : 2枚
  • 紅ショウガ : 30g

作り方

  1. 酢めし60gを取り分け、桜でんぶを混ぜ込む。
  2. すのこの上に薄焼き卵1枚を敷き、1をのせて広げる。
    紅ショウガの半分をちらし、きつく巻く。
  3. すのこの上に薄焼き卵の残りを敷き、紅ショウガの残りをちらす。
    その上に2をのせて巻く。
  4. すのこの上にのりを敷き、酢めしの残りを広げる。
    その上に3をのせて巻く。
  5. 1~2cmの厚さに切り分けて盛り付ければ出来上がり。


・米粉入りしいたけクッキー

材料:

  • 米粉 : 250g(さどっ粉ミックス粉)
  • 小麦粉 : 250g
  • 砂糖 : 200g
  • マーガリン : 150g
  • しいたけパウダー : 大さじ2
  • くるみ(細かく刻む) : 大さじ2
  • ピーナッツ(細かく刻む) : 大さじ2
  • ゴマ : 大さじ1
  • 卵 : 個
  • ベーキングパウダー : 15g

作り方

  1. 米粉、小麦粉をふるう。
  2. 1に砂糖、ベーキングパウダー、しいたけパウダー、くるみ、ピーナッツ、ゴマを混ぜる。
  3. 室温で柔らかくしたマーガリンに全卵をよく混ぜる。
  4. 2に3を加えて混ぜ合わせる。ある程度混ざった(ぽろぽろの状態)生地をポリ袋に入れて外側から揉んでまとめていく。
  5. 3の生地を冷蔵庫で1時間ほど休ませる。
  6. 生地を薄くのばしてクッキー型で抜き、170 ~ 180度で予熱したオーブンで15 ~ 20分ほど焼けば出来上がり。


【ワンポイント】

  • 夏かんずし:鮭そぼろの代わりにちくわなどでも代用できます。
  • バラの花ずし:桜でんぶを酢めしによく混ぜると、きれいなバラ色になります。
  • 米粉入りしいたけクッキー:しいたけの風味が強いので、くるみとピーナッツは必ず入れて下さい。

2016年5月10日火曜日

唐辛子と昆布のこうじ和え&豆腐バナナおやき&ちらし寿司


唐辛子と昆布のこうじ和え&豆腐バナナおやき&ちらし寿司

( 広報誌 「 JA佐渡 」 2016年5月号 掲載 )

・唐辛子と昆布のこうじ和え

材料:

  • 赤唐辛子 : 200g
  • 昆布 : 100g
  • こうじ : 800g
  • 醤油 : 1.5L(リットル)

作り方

  1. 乾燥した唐辛子のヘタを取る。
  2. 種も一緒にミキサーに2分位かける。
  3. 昆布はあら切りにしてミキサーに2分位かける。
  4. 2.と3.をこうじと一緒によく混ぜ合わせる。
  5. 4.に醤油を混ぜ合わせる。
  6. 1日1回はかき混ぜ、醤油が少なくなれば足す。
    季節によって異なるが、大体2カ月程度で出来上がり。


・豆腐バナナおやき(2~3人分)

材料:

  • 米粉 : 60g(さどっ粉ミックス粉)
  • バナナ : 大1本(100g程度)
  • 絹ごし豆腐 : 半丁(150g程度)
  • レーズン : 30g(お好みで入れる)

作り方

  1. ボールにバナナを入れてスプーンなどで崩す。
  2. 絹ごし豆腐を水切りせずに加え、泡立て器で崩しながら混ぜる。
  3. 2.に米粉を少しずつ加えながら混ぜ、固めの生地にする。
  4. フライパンに薄く油をひき、スプーンで生地をのせて弱火でじっくりと焼く。
    裏表に少々焦げつくまで焼ければ出来上がり。
    お好みで生地にレーズンを混ぜて、同じ様に焼く。(焦げやすいので注意)


・ちらし寿司(5人分)

材料:

【具材】
  • 干し椎茸 : 50g
  • 椎茸の戻し汁 : 大さじ2
  • 砂糖 : 大さじ1
  • 醤油 : 大さじ1
  • 卵 : 3個
  • 梅のカリカリ漬け : 適量
  • グリーンピース : 適量
  • ゆかり : 30g
【酢飯】
  • 白米 : 2合
  • もち米 : 1合
  • 日本酒 : 100cc
  • 塩こうじ : 大さじ1と1/2
  • 砂糖 : 40g
  • 梅酢 : 100cc

作り方

  1. 干し椎茸を少なめの水でゆっくりと戻し、軽く水気を絞る。
    戻した椎茸を薄切りにして、椎茸の戻し汁、砂糖、醤油と一緒に煮込み味付けする。
  2. 薄焼き卵を作って刻み、錦糸卵にする。梅のカリカリ漬けは軽く刻む。
  3. 白米ともち米を合わせて洗い、日本酒、塩こうじを入れて水加減を少なめに炊く。
  4. 砂糖と梅酢を合わせて混ぜておく。
  5. 3.が炊き上がったら4.を全体に混ぜ合わせる。
  6. 5.にゆかり、1.の椎茸(煮込み汁は入れない)、2.のカリカリ漬けを混ぜる。
  7. 6.を皿に盛り、グリーンピースと2.の錦糸卵をちらせば出来上がり。


【ワンポイント】

  • 唐辛子と昆布のこうじ和え:呑兵衛にはたまらない酒の肴です。
  • 豆腐バナナおやき:自然な甘さが引き立つ、子どもが大好きな簡単オヤツです。
  • ちらし寿司:ゆかりを入れると具材それぞれの味が引き立ちます。
Copyright JA佐渡 -女性部 .All rights reserved. JA佐渡HPgoogle+